ミャンマーの主要都市のまとめ集

ミャンマーの主要都市のブログ、twitter、インスタグラムをまとめました。

友達と共有する

シットウェ 8034

シットウェ - シットウェ

シットウェ(Sittwe)は、ミャンマー西部ラカイン州の州都。旧名・アキャブ(Akyab)。バングラデシュやインドとの国境に近い。2014年の人口は約14.9万人だった。

出典:Wikipedia

新バージョンのまとめ集もCHECK!

情報のストック、お気に入り、会員登録、掲示板など機能が満載

新・シットウェのまとめ集

シットウェの関連ブログ記事

3ヶ月前
中国、「台湾へ圧力」100時間以内に統一と威嚇「効果なし」
・・・的な結びつき(貿易)はなかったが、地政学的な意味で目をつけたに違いない。太平洋における海軍基地は、米軍が11カ所、中国軍は3カ所である。チッタゴン(バングラデッシュ)、シットウェ(ミャンマー)、..
3ヶ月前
《大嘘》習近平「中国はどんなに発展しても誰の脅威にもならない」
・・・地名が出ます。 より大きな地図で 中国の海外補給拠点 を表示 清津(北朝鮮)、ポートモレスビー(パプアニューギニア)、シアヌークビル(カンボジア)、ランター島(タイ)、シットウェ(ミャンマー)、..
4ヶ月前
東京春祭 ホルンがこだまするブリテン「セレナード」
・・・書に関連した様々な詩人の詩に付曲した連作物で、編成もそれぞれ異なるが、この第3番はテノール、ホルン、ピアノという珍しい組み合わせ。ブリテンと同時代の女流詩人イーディス・シットウェルによるテキスト..
4ヶ月前
1983年の今日3/8、ウォルトン死没好きな作曲家です。ウィリア・・・
・・・州オールダムに生まれる。 1912年、10歳でオックスフォード聖歌隊学校に入学。 1916年、オックスフォード大学クライスト・チャーチ校に入学。在学中にサシェヴァレル・シットウェルやシグフリート..
4ヶ月前
米空母 ベトナム寄港 戦争終結後初 南シナ海情勢受け 中国牽制へ
・・・シナ海情勢受け 中国牽制へ 墨流 2018/03/06 13:40 米空母 ベトナム寄港 戦争終結後初 南シナ海情勢受け 中国牽制へ 2018.3.6 06:48 【シットウェ(ミャンマー西部..
4ヶ月前
米空母 ベトナム寄港 戦争終結後初 南シナ海情勢受け 中国牽制へ
・・・ナ海情勢受け 中国牽制へ 金松葉 2018/03/06 09:51 米空母 ベトナム寄港 戦争終結後初 南シナ海情勢受け 中国牽制へ 2018.3.6 06:48 【シットウェ(ミャンマー西部..
5ヶ月前
慰安所で勤務していた従業員のありえない内容が書かれた日記が発見さ・・・
慰安所で勤務していた従業員のありえない内容が書かれた日記が発見される! 「こののどかな生活は一体なんなんだ‼︎」 ◇1943年 1月1日 ビルマ国アキャブ市(現シットウェ)の慰安所、勘八倶楽部(くらぶ..

シットウェの関連動画

2017/08/04
シットウェのマドラサ
2016/09/30
ロヒンギャ居住地のマドラサでコーランを復唱する生徒たち(ミャンマー・ラカイン州シットウェ
2015/06/08
141207 サンドウェ~シットウェ~ヤンゴン

ミャンマーの主要都市のまとめ集が気に入ったら
「いいね!」をしよう!

MATOMEDIAの最新情報をお届けします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

本日の注目ニュース

ミャンマーの主要都市について

ミャンマー連邦共和国
ပြည်ထောင်စု သမ္မတ မြန်မာနိုင်ငံတော်

国の標語:なし
国歌:我、ミャンマーを愛さん

注2: かつてのccTLDは.bu

ミャンマー連邦共和国(ミャンマーれんぽうきょうわこく、ビルマ語: ပြည်ထောင်စု သမ္မတ မြန်မာနိုင်ငံတော်、英語: Myanmar)、通称ミャンマー/ビルマは、東南アジアのインドシナ半島西部に位置する共和制国家。独立した1948年から1989年までの国名はビルマ連邦。ASEAN加盟国、通貨はチャット、人口は 5,142万人(2014年)、首都はネピドー(2006年まではヤンゴン)。

南西はベンガル湾、南はアンダマン海に面する。南東はタイ、東はラオス、北東と北は中国、北西はインド、西はバングラデシュと国境を接する。インド東部とミャンマー南西部はベンガル湾をはさみ相対している。

多民族国家で、人口の6割をビルマ族が占め、ビルマ語が公用語である。他に、カレン族、カチン族、カヤー族、ラカイン族、チン族、モン族、ビルマ族、シャン族、北東部に中国系のコーカン族などの少数民族がおり、独自の言語を持つ民族も多い(言語参照)。

出典:Wikipedia

スポンサーリンク

公式Facebookページ

更新情報をチェック

スポンサーリンク