ミャンマーの主要都市のまとめ集

ミャンマーの主要都市のブログ、twitter、インスタグラムをまとめました。

友達と共有する

バゴー 8031

バゴー - バゴー

バゴー(ビルマ語: ပဲခူးမြို့、Bago)は、ミャンマー(ビルマ)の都市。バゴー地方域の中心都市。以前はペグーと呼ばれた。人口は約22万人。

出典:Wikipedia

新バージョンのまとめ集もCHECK!

情報のストック、お気に入り、会員登録、掲示板など機能が満載

新・バゴーのまとめ集

Twitter (#バゴー)

12時間前

@Faulte2865

バゴー!(バイトにゴー!)
3日前

@okw0707

@vamoselciclon 母団体がNGO団体で、そこのボランティアプログラムでバゴーの村で建築作業の手伝いしてきた笑 腸内にサルモネラ菌もらって帰ってきた
3日前

@okw0707

@vamoselciclon おー!3月にサークルで行った! 涅槃像が全く同じだったからバゴー かなってw
3日前

@okw0707

@vamoselciclon バゴー
5日前

@sea_globish

バゴーは13世紀から16世紀にかけて、モン族の王朝が都としていた街です。 globishmm.asia/2018/02/08/%E3…
6日前

@odeko_misena

バゴー〜〜〜ォォォンって音は、燃えてるトーテムくん破壊した時だけなので、そんなに何度もしないと思いますよ!?落雷では!?
1週前

@nelson_mzsm

ミャンマー・バゴーでの、托鉢と食事の様子。400人の僧侶が暮らす、国内でも三番目に広い寺院。観光ツアーにも組み込まれているそうで、寄進もできる。出家して間もないであろう小坊主さんも加わる托鉢の列は圧巻の一言。寺院中に野良犬がいて、… twitter.com/i/web/status/1…

(^○^) 2ちゃんねる(バゴー)

バゴーの関連動画

2018/09/20
ミャンマーから "しらちゃんねる" 第36話 【バゴー編/チャカッワイン僧院】
2018/09/14
ミャンマーから "しらちゃんねる" 第35話 【バゴー編/シュエモードパゴダ、王宮跡】
2018/09/06
ミャンマーから "しらちゃんねる" 第34話 【バゴー編/チャイプーンパゴダ他】
2018/07/19
ミャンマー旅行Day5 バゴー観光
2017/11/04
ミャンマーオプショナルツアー 格安販売 monomi(モノミ)古都バゴーの魅力に取り憑かれる!

バゴーのQ&A

3年前
ミャンマーでのアイフォンの充電について
3月から1か月程ミャンマー(ヤンゴン・バガン)に旅行予定です。 旅行中のアイフォン充電方法ですが、変換プラグを使用して(変圧器は使用せずに)直接充電してしまっても大丈夫でしょうか? ...
15年前
来夏ミャンマー旅行を予定しています
来年の夏、ミャンマー旅行(ヤンゴン)を仲間と予定しています。 ミャンマーの寺院を訪れたり、町の様子を見たりしたいのですが、どんなことでも結構ですので旅行に役立つ情報を教えてい...
17年前
仮面ライダーの変身するきっかけ?
仮面ライダーって、最初は改造されて変身するようになりましたよね。 最近ではクウガは、遺跡から発掘された石が体の中に入って体組織が変化して変身できるように、アギトでは、神?の...

ミャンマーの主要都市のまとめ集が気に入ったら
「いいね!」をしよう!

MATOMEDIAの最新情報をお届けします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

本日の注目ニュース

ミャンマーの主要都市について

ミャンマー連邦共和国
ပြည်ထောင်စု သမ္မတ မြန်မာနိုင်ငံတော်
国の標語:なし
国歌:我、ミャンマーを愛さん
注2: かつてのccTLDは.bu

ミャンマー連邦共和国(ミャンマーれんぽうきょうわこく、ビルマ語: ပြည်ထောင်စု သမ္မတ မြန်မာနိုင်ငံတော်、英語: Myanmar)、通称ミャンマー/ビルマは、東南アジアのインドシナ半島西部に位置する共和制国家。独立した1948年から1989年までの国名はビルマ連邦。ASEAN加盟国、通貨はチャット、人口は 5,142万人(2014年)、首都はネピドー(2006年まではヤンゴン)。

南西はベンガル湾、南はアンダマン海に面する。南東はタイ、東はラオス、北東と北は中国、北西はインド、西はバングラデシュと国境を接する。インド東部とミャンマー南西部はベンガル湾をはさみ相対している。

多民族国家で、人口の6割をビルマ族が占め、ビルマ語が公用語である。他に、カレン族、カチン族、カヤー族、ラカイン族、チン族、モン族、ビルマ族、シャン族、北東部に中国系のコーカン族などの少数民族がおり、独自の言語を持つ民族も多い(言語参照)。

出典:Wikipedia

スポンサーリンク

公式Facebookページ

更新情報をチェック

スポンサーリンク